NEWSFOR LARGE FILE TRANSTER

ファイルを早く転送する方法

データは爆発的に増加しており、ほぼ2年に一回倍増します。データの数だけでなく、個々のファイルの容量も増えています: 2~3Gの画像や4~5Gの原稿、3~4Gの動画のクリップ、デザイン画像なら10数Gも考えられます。それ以上に数百Gの大容量ファイルも存在しています。

accelerate-file-transfer

一般的に組織内部から外部のパートナーや顧客にファイルを送信する場合、ほとんどがメールやFTPなど通常の方法で行っていますが、ファイル容量が2-3Gを超えると、上記の方法は不便になります。速度の問題だけでなく、次のような問題も考えられます:

1.従来の方法で大容量ファイルを送ると、送信、アップロード、ダウンロードが遅いため、多くの時間とエネルギーが費やされてしまいますし、組織の作業効率も低下してしまいます。

2.従来の方法で大容量のファイルを送信する場合、送信中断や送信エラーも発生しやすい。従って、データのセキュリティ と完全性を保証することはできません。継続的なトラッキングには多くの人手が必要なだけでなく、業務上の不具合が発生する可能性も高いと思われます。莫大な損失に繋がります。

3.送信方法によっては、送信できないサイズや一度に送信できるファイル数の上限などが制限される場合もあります。これは、大容量ファイルを送信または複数のファイルを使用する一部の企業の業務に影響を与えます

そこで、データ開発が急速に進んでいるこの時代、企業はどのようにして大容量ファイルを安全、安定、効率的に転送すればいいのでしょうか。ここで大容量ファイル転送ツールは欠かせません。では、ファイル転送速度を上げるには、どうしたらいいのでしょうか。Raysync加速ファイル転送ソフトなら、大容量ファイル転送の課題に難なく対応することができます。高速なファイル転送をするには、主に以下の3種類のモノが上げられます:

Raysync proxy加速

再開発することなく、自社のアプリケーションシステムから標準のProxyプロトコルを介して、Raysyncと統合することで、高速転送能力を手に入れることができます。

特徴:

複数のプロキシプロトコル対応

複数の統合アプローチ対応

Raysyncの高性能

資源の使用率が極端に低い

クロスプラットフォーム対応

一般的なソフトウェアとのシームレスな統合

メリット

伝送速度が100倍に

実際のテスト結果によると、FTPアプリ/Webアプリの大容量ファイル転送速度は100倍以上になり、さらに1回の接続で最大1Gbpsに達することもあります。

リアルタイム転送の最適化

Raysync転送プロトコルのマルチチャンネル設計により、TCP三者間ハンドシェイクによる転送遅延が解消され、リアルタイム性能が100%向上します。

Raysync FTP加速

Raysync FTP加速は、既存のFTPサーバーシステムに直接接続できるソフトウェアです。Raysync FTP加速を使用すると、FTP転送速度を10~100倍の速度に上げることができます。

特徴

使いやすい

高速転送

Raysyncのハイパフォーマンス

スマート圧縮

ロードバランシング

Raysync RaySSH加速

OpenSSHのssh/ssh / SCP / Rsyncツールに代わる完璧なツールであり、Linux / Unix システムに最適なファイル転送ツールです。

特徴:

機能はOpenSSHと完全なる互換性があります

コマンドラインはOpenSSHと完全なる互換性があります

高速な転送速度

まとめ

スピードが効率を左右します。企業は大規模なファイルを高速に転送し、企業の生産性を向上させる必要があります。Raysyncの3つの高速ファイル転送ソフトによって、企業がデータの価値を発見と管理が簡単になります。また、ファイルデータをより効率的に交換することもできます。

Previous:(empty)

Next:8大きなファイルを無料で転送する8つの最良の方法

APPLY FOR FREE TRIAL

Raysync offers free file transfer solutions and technical support for enterprise users!