Raysync FTP acceleration

RaysyncのFTP加速

RaysyncFTP加速ソフトウェアはFTP加速ソフトウェアであり、FTPサーバーのシステムと連絡することができる。RaysyncFTP加速を使用すると、FTP転送速度は10-100倍アップする

ユーザーのニーズ

現地でFTPサーバーを配置し、かつFTPユーザー許可、ファイル権限管理、ADドメインなどの機能をもサーバーに設定したが、業務により現在の転送速度に満足しない場合、企業は通常現在のFTPの転送速度を上げると同時に、最初からサーバーを作り直すのを回避したい。

RaysyncFTP加速ソフトウェアは企業向けに開発されており、既存に基づいてファイルの高速転送を可能にする。

ソフトウェアの特徴

使いやすい

クライアント:Raysync加速FTPクライアントの使用方法は「通常FTPクライアント」の使用方法と同じである。ユーザーは特別に勉強する必要がなく、スムーズに使用することができる。 サーバー:ユーザーは既存のFTPサーバー、ユーザーアカウント、許可、ファイル配置などの情報を変更する必要がない。

高速転送

RaysyncFTP加速方法は通常のFTP転送と比べて、速度は10倍-100倍になる。

Raysync高性能

RaysyncProxyは、イベント駆動/非同期ネットワーク処理モデルに基づいて開発され、RaysyncProxyの単一接続は、通常のデスクトップ型CPUにおいて、千本以上のTCPの同時接続ができ、最大1ギガバイトのデータスループットが可能である。

スマート圧縮

Raysyncプロトコルは、テキストやプログラムデータなどの圧縮性の高いファイル転送に対して、圧縮効果が優れており、帯域幅を節約する

ロードバランス

Raysync加速サービスは、通常のLVSやF5などのロードバランスと連携して、ロードバランスの配置を完成する。横方向展開によってシステム全体の処理性能と信頼性を高めることができる。

アーキテクチャ配置

arch

成功事例

Example pic
Renderbus Logo

OppoはRaysyncFTP加速ソフトウェアを通じて、世界中でデータを転送する

Oppoはスマート商品、ソフトウェアとインターネットサービスに特化する企業であり、その業務は40以上の国と地域に及んでおり、400,000以上の販売拠店を持っている。世界中の業務の継続的な発展に伴い、Oppoは広域ネットワーク元での越境データ転送問題を解決する必要がある。理想的なのはSDKを通じて元のシステムに直接整合し、企業クラスのプラットフォームを構築することである。

Raysync.io は本プロジェクトに対して、世界中の主な分岐機構が本部を訪問する際の加速ソリューションを提供した。それは本社の加速サービスと分岐機構の加速クライアントという2つの部分に分けられる。Raysyncを配備すると、FTP/Webなど大容量ファイルの転送速度は最大は100倍になり、単一接続の最大速度は1ギガバイトにもなる。Raysyncプロトコルのマルチチャンネル設計により、優れたリアルタイムの転送体験が可能。データを転送する時にTCPの3ウェイ・ハンドシェイクによる遅延をなくすことができる。よって、リアルタイム性が倍にもなる。インドやアフリカなどインターネットが遅い地域でも、速度は大幅に上昇したことは明らかになっている。

資源ドキュメント

document card

Raysync FTP Technical White Paper

今すぐにダウンロード
document card

Raysync File Transmission Solutions

今すぐにダウンロード
document card

Raysync Safety Technical White Paper

今すぐにダウンロード

今すぐRaysyncFTPの加速サービスを体験する

Raysyncは企業ユーザーに無料でお試しソフトと技術サポートを提供する