Raysync SDK transmission application integration

Raysync SDKの転送整合

Raysync大容量ファイル転送SDKは、既存のシステムへシームレスに整合することができる。企業の既存のITインフラを最大限に利用するため、高価なハードウェアやネットワーク設備を省き、低コストでデータの安全を保障可能と同時に、転送が高速で安定する。

適用方法

Webプラットフォームに埋め込む

ブラウザプラグインを埋め込む

PCクライアントに埋め込む

第三者システムに埋め込む

モバイル版に埋め込む

ソフトウェアの特徴

高速整合

ユーザーは、RaysyncエンジンとWebシステムおよびデスクトップのソフトウェアシステムとの整合を迅速に実現可能。既存のアーキテクチャを変更する必要もない。

安全安定

ファイルの安全性と安定性を確保し、複数のファイル検証システムを内蔵する。従って、転送の完全性と正確性が保障される。HTTPやエラー発生時に再度転送にも対応している。

マルチプラットフォーム全面対応

多言語の開発キットを提供し、Mac、Windows、LinuxC#、Delphi、Python)など主流開発プラットフォームに対応する。

帯域幅管理

柔軟な帯域幅管理により、転送方法と転送速度を柔軟に設定することができる

開発技術サポート

ユーザーがRaysyncSDKで開発と整合をすると、Raysync技術チームは開発技術のサポートを提供し、全面的にサポートする。結果、整合システムの完成とリリースをバックアップする。

開発ドキュメント対応

JS-SDK技術開発ドキュメントを提供し、Raysync転送ソフトウェアの構造と転送整合方法を十分に理解できるよう手助けする。よって、システムの整合ソリューションを合理的に計画できる。

アーキテクチャ配置

Raysync SDKJavaC/C++PythonCMDWebsocketOA SystemWeb ApplicationBrowser Plug-inPC Desktop ClientTripartite ApplicationMobile TerminalERP SystemCRM System

成功事例

client pic
Renderbus Logo

Foxrenderfarmは大容量ファイルを転送するため、RaysyncSDKを自らのレンダリングシステムに埋め込む。

Foxrenderfarmは映像エフェクト及び建築設計会社にクラウドコンピューティングのSaasレンダリングサービスを提供する会社である。そのプラットフォームでレンダリングをする場合、制作時の資産ファイルをすべてアップロードしなければならない。その容量は数テラバイトからペビバイトクラスまで様々。これほど膨大な素材を短時間で内モンゴルまたは貴州のデータセンターにアップロードすることが、Renderbusの難題になった。

Foxrenderfarmが提供するSaasソフトウェアはPCクライアントとweb向けの2種類がある。最終的には、RaysyncSDK整合のソリューションを提供した。webとPCクライアントにRaysyncSDKを入れることによって、辺鄙なデータセンターによるネットワークの遅延やパケットロスなどの問題を解決した。また、帯域幅の利用率は90%以上に達し、アップロード速度は以前より飛躍的に上がり、ユーザー体験を大幅に引き上げた。

資源ドキュメント

document card

Admin Management Manual

今すぐにダウンロード
document card

Server Deployment Manual

今すぐにダウンロード

今すぐRaysyncSDKをシステムに整合する

Raysyncは企業ユーザーに無料でお試しソフトと技術サポートを提供する