File Collaboration

データ連携

Raysyncファイル転送システムは多部門や多チーム間のデータ転送に対応しており、ファイルの共有と配布を迅速に実現する。また、遠距離のデータ協力にも対応している

従来のデータ協力が直面する問題点

ビッグデータ時代において、企業は内部と外部の設備がITインフラに制約されないことを確保し、必要なデータを自由にアクセスできるようにする必要がある。アクセスするデータは、共有する大容量ファイルのディレクトリおよび数種類のファイルを含む。制約されない自由は、ローカルデータセンター、他所データセンター、および第三者クラウドプラットフォームを指す。


データ協力ソリューション

Raysyncは企業に超高速、安定で安全なファイル共有ソリューションを提供し、企業の世界範囲的なデジタル資産の転送を安全で便利にする。

シンプルなweb操作インターフェイス

簡単で直感的なインターフェースによって、操作が楽になる。任意サイズのファイルやフォルダを選択すると、メールの形で好きな相手に送信できる。

クイックアクセスとファイル共有

Raysyncはネットワークと複数のコンピューター間でファイル同期をするクラウドサービスを提供し、複数のクラウドプラットフォーム、ローカルまたは他所のデータセンターを跨って保存することができる。ウェブブラウザとコンピューターなどのでファイルのアクセスと共有することができる。

最大速度で大容量ファイル転送

遅いインターネット環境と超遠距離において、依然として大容量ファイルと大量の小型ファイルの転送が簡単にできる。

全データの暗号化保護

超高い安全性で、内部と外部の共有データを守る。ユーザーID検証、データの完全性検証とAES-256暗号化アルゴリズムで多重セキュリティを実現する

アーキテクチャ概略図

Local data centerRaysync ServerWeb BrowserLocal StorageRemote Data CenterMultinational Data CenterTripartite Cloud Platform

応用シーン

ローカルデータセンター共同作業

他所データセンター共同作業

第三者クラウドプラットフォーム共同作業

越境データセンター共同作業

今すぐRaysyncデータの共同作業を体験する

Raysyncは企業ユーザーに無料でお試しソフトと技術サポートを提供する