File Migration

データ移転

大量のデータが現地データセンター、他所データセンター、第三者クラウド間でのデータ移動を効率的に実現するとともに、第三者パブリッククラウドとプライベートクラウドのプラットフォームの高速データ移動に対応する。Raysyncはデータ移転のソリューションを提供する。

従来のデータ転送のチャレンジ

近年、ビッグデータとAIのおかげで、クラウドコンピューティングの応用は栄えるようになった。ますます多くの企業はビジネスモデルの革新で、クラウドコンピューティングの重要性に気づき、クラウド市場を拡大するようになる。2020年、多くの企業は業務をクラウドに移動する。そうなれば、データの移動とシステムの移動は、大きなチャンスとチャレンジが同時に訪れる。多くの企業にとって、クラウドがますます普及するようになり、ミックスクラウドは企業で最もよくある基礎アーキテクチャになる。しかし、データセンターとクラウドの間で、ミックスクラウドに基づく双方向のデータ転送は、全く新しいチャレンジになる。通常、規定時間内にインターネットの物理地を通じ、大量のデータを移動する必要がある。現在の多くは伝統的な方法で移転しているため、次の2つの問題点が考えられる。

1)従来の転送ソフトの性能が低く、安全性に欠けるため、ネットワークの遅延によるパケットロスなど様々な問題があり、データの移動中に失う可能性がある

2)宅配便でハードディスクを転送すると時間がかかる上に、移動中に紛失や盗難に遭うリスクもある。


データ移行へのソリューション

雲語科技は特許認証された高速転送技術を備えており、企業は既存のインターネットだけで高速で安全かつ確実に大量にデータを移行できる。

複数のデータ移行案に対応

ローカルデータセンターから第三者クラウド、第三者クラウドからローカルデータセンター、ローカルデータセンターから企業の他所データセンターまでの迅速的な移動に対応する

効率的なデータ移転

ローカルIPとクラウドデータセンター間のIPネットワークで大型ファイルとデータを転送する時、帯域幅をフル活用した高速転送が可能になり、データの移動時間を減らすことができる

データの移動コストを下げる

企業のデータ資産の配分、整合による大量の人件費と時間低減する

データ暗号化転送

AES-256+ランダムの高度な暗号化アルゴリズムに基づく暗号化転送には、CVEホールスキャン技術を内蔵されており、各データの完全性を確保する。

アーキテクチャ概略図

Local Data CenterRemote Data CenterLocal Data CenterTripartite CloudTripartite Cloud PlatformTripartite Cloud

応用シーン

ローカルデータを他所に移す

ローカルデータを第三者クラウドに移す

ローカルデータを海外に移す

第三者クラウドのデータをローカルに移す

今すぐRaysyncのデータ移転を体験する

Raysyncは企業ユーザーに無料でお試しソフトと技術サポートを提供する