File Synchronization

データ同期

ペビバイトクラスの大容量ファイルや百万クラスの小型ファイルに関わらず、Raysyncは企業のデータ同期転送のニーズを十分に満たし、企業業務の効率的な運行を手助けする。

従来のデータが同期においてボトルネック

現在、ますます多くの企業の内部あるいは連携企業の間で、業務データのリアルタイムでの共有要望が増えている。セキュリティーを重視する多くの企業は、紛失を防ぐために、データをクラウドに保存する傾向がある。一部の企業は、通常TCPに基づくファイルのコピーまたは同期ツールを用いてデータ同期をする。しかし、予知せぬ問題がいくつか存在する。遠距離の転送や大量のファイル転送において、インターネットが遅くなる可能性があり、データの遅延やパケットロスが発生する恐れがある。そのため、性能と効率において企業の要望に応えられず、企業は新しいデータ同期ソリューションで、これらの問題を徹底的に解決する必要がある。


データ同期ソリューション

雲語科技のRaysyncは優れたデータ同期性能と効率を備えている。従来のデータ同期ツールの限界を突破し、WANを通じてLANと高速で安全なデータ同期を行う。

企業クラスのデータ同期信頼度

Raysyncは全帯域幅を元に新しいデータを転送できる。距離やネットワーク環境に関係なく、データの同期転送の完全性が企業の要望に対応できる。

大規模のデータ同期

アーキテクチャの強力な機能により、数百万の小型ファイルまたはペビバイトクラスのファイルを同期できる。また、複数の並行会話、クラスタおよびメガの転送速度に対応する

スマートデータ同期

Raysyncはファイルの更新状態をスマートに識別し、同じファイルの複数送信を回避できる。不必要な同期を減らし、効率を上げる

柔軟なニーズ配置

片方と双方向のデータ同期、設定時間のデータ同期、暗号化の有無、修正時間の保留、ソースファイルのみ転送、データの同期削除などに対応しており、ニーズに応じて柔軟に設定する

データ同期の応用シーン

地域を越えての企業データ同期

企業の越境データ同期

高頻度ファイルの更新データ同期

Rsync代替

今すぐRaysyncデータの同期を体験する

Raysyncは企業ユーザーに無料でお試しソフトと技術サポートを提供する