Mass File Transmission

大量データの転送

Raysyncエンジンを基盤とし、企業の大量の小型ファイルの転送に加速の技術サポートを最後まで行う。スマート圧縮と小型ファイルのI/Oディスク最適化技術をもとに、大量のデータ転送ソリューションを提供する。1秒に千近くの小型ファイルの転送を実現し、小型ファイルの転送効率を大幅にアップする。

従来の大量データの転送方法が直面する問題点

インターネットの盛んな発展と社会のデジタル技術の急速な変革により、企業の情報化展開はデータの増加を加速し、ますます多くの情報サービスは大量のデータに依頼するようになる。従来のFTPやクラウドストレージは、大量のデータの転送と配布に対応できず、企業側は効率的に大量のデータを転送することができない。

1)クラウドストレージの時間コストが高い。特に大容量データの場合、まずクラウドストレージにアップロードしてから、ダウンロードするので、流れが煩雑名上に、企業既存のデータベースを素早く整合できず、開発の難しくなる。

2)FTPの転送が遅く、大量のファイルを転送する時は、ファイル紛失やエラーがよく発生する。また、HTTPができず、ファイルの読み込み、データ転送の安定性、データの完全性において欠陥があり、企業の情報化発展要望を満足できない

3)ファイルの量が膨大な場合、FTPやクラウドストレージなどでのファイル移動やコピーが特に難しくなる


ソリューション

ビッグデータ時代において、Raysyncは超高速で安全な転送ソリューションを提供し、大量のデータ転送ニーズを迅速的に対応する。

ディスクI/Oの最適化技術

Raysyncは自社開発のrayfileファイルエンジンを内蔵しており、ディスクI/Oを最大限利用して、小型ファイルの読み書き速度を最大化できる。大量の小型ファイル転送に対して、高速で安定性も優れる。1秒千以上の小型ファイルを転送可能で、効率が大幅にアップする

大量の小型ファイルの転送加速

小型ファイルは毎秒5000個以上を転送できる。百万クラスのファイルは5分以内に完成する。同じファイルだと毎秒20000個にまで転送可能。その速度は伝統的なFTPより100倍以上速い

特許技術

同時に特許技術で配布と収集の難題を解決し、転送時間を大幅に節約する。操作が簡単で、信頼できる。

データが安全で信頼できる

データの安定性を全面的に確保する。HTTP、エラー発生時に再度転送、暗号化転送に対応し、大容量ファイル転送の信頼性、安定性、安全性、完全性を確保する。

応用シーン

従来のFTDを代替

大量データの移行

大量データのバックアップ

大量データの管理

Raysyncの大量データ転送を今すぐ体験する

Raysyncは企業ユーザーに無料でお試しソフトと技術サポートを提供する