Solutions for Government Agency

政府機構へのソリューション

政府機関はeガバメントの発展に深く関わり、国のeガバメントの発展を推進する。政府はデジタル化方向転換を推進し、経済の発展を牽引する。IT強国戦略を実行し、「デジタル中国」の建設を加速するために必然的なものである。また、データ転送の高速かつ安定と安全がデジタル化の中心的ニーズである。

政府機関がのチャレンジ

軍事機関、情報機関、政府機関を含む国防機関と請負業者などのデータ転送は、機密的で時間に敏感である。その転送過程では多くのチャレンジが存在する。例えば、大量のデータの転送速度が極めて遅い。また、転送過程は最上級のセキュリティ保護が必要などが考えられる。ゆえに、臨時ファイルの転送方法を採用すると、ファイルを追跡することはほとんど不可能である。

各軍事機関と政府機関は、各部門と安全に情報交換を行う必要があり、外部機関との情報交換もそうである。これらの情報交換は通常、複数の地域にまたがるネットワークで発生する。そのため、安全で便利に情報をアクセスし、遠隔地からのバックアップ回復、軍事活動の共有動画の取得するため、データを転送するアーキテクチャを設立する必要がある。従って、簡単なファイルの転送と煩雑なIT管理もなくなる。


ソリューション

Raysync.ioが自主開発した転送ソフトウェアであるRaysyncは、煩雑なIT管理プロセスを簡略化し、政府機関のファイルの安全を保障する。

データ転送過程は完全に暗号化

業界標準的なAES-256とSSL暗号化アルゴリズムで、機密性ファイルや策略及びその他の重要情報の安全性を確保できる。パケットロスと遅延に恐れず、政府機関の遠距離な機密的共同作業と位置情報が不確定な転送の場合でも、安全で確実に成し遂げられる。

データ転送を最後まで監視

Raysyncはリアルタイムでのファイル転送パスの追跡と監視ができる。よって、政府機関のファイル転送の機密性を守ることができる

部門間の連携

地域間の情報の迅速的な転送に対応し、部門と組織間の共同作業を簡単に実現できる

管理しやすい

政府機関は大量の部門とユーザーを抱えている。Raysyncは管理層にユーザー管理機能を提供し、レベルごとに権限の制限ができる。シングルユーザーのインターフェースは、部門と各種組織間の転送過程を簡略化している。従って、すべてのユーザーはRaysyncを使うことができる

今すぐにRaysyncを体験する

Raysyncは企業ユーザーに無料でお試しソフトと技術サポートを提供する