Transnational File Transmission

越境データ転送

多国籍企業のデータ転送のパケットロスや高遅延などの問題を解決し、安全安定で高速な越境データの転送を実現する。

従来の越境ファイルの転送方法のチャレンジ

遠距離データまたは越境ファイルや越境データの転送に関して、インターネットの物理条件の影響により、従来のFTP、メール、インスタントメッセージソフトは高い遅延と高いパケットロス問題で、データ転送の安定性が保障されない。遠距離の前提で、データ転送の安定性と管理可能性が大きな技術的ボトルネックとなっている。

1)ネットワークの物理条件がデータ転送の安定性に影響を与える。

2)FTPなどの従来の転送モードには高い遅延があり、パケットロスはデータ転送の安定性に著しく影響する。

3)遠距離転送中のデータの安全性と秘密性が保障されない。


ソリューション

Raysyncは、既存の帯域幅を十分に利用して、安定で安全な越境ファイル転送サービスを提供する。

高速な越境ファイル転送

テラバイトクラスのファイルや大量の小型ファイルの高性能転送は、企業の遠距離と越境ファイルや越境データの転送要望を満たす

帯域幅の利用率をアップ

Raysyncの帯域幅の利用率は90%にのぼり、冗長データの負担率は1%以下。企業の帯域幅コストを削減し、インターネットの既存資源を十分に利用する

超低遅延とパケットロス

Raysync自社開発のRaysync高速転送プロトコルは、TCP従来の欠陥を治し、遅延とパケットロスを低減し、転送効率を向上させる

企業クラスの安定転送

ポイントツーポイント転送は、すべてTLS暗号化とAES-256暗号化である。HTTP、エラー時に再度転送、ロードバランスに対応することによって、転送の安定性と安全性を保障する

アーキテクチャ概略図

Raysync ServerLocal Data CenterLocal Data StorageIndiaAfricaAmerica...

応用産業

広告メディア

インターネット

映画とテレビ制作

自動車業界

Raysync転送を今すぐ体験する

Raysyncは企業ユーザーに無料でお試しソフトと技術サポートを提供する