Solutions for Auto Industry

自動車業界へのソリューション

Raysyncは自動車製造会社の情報化管理、インターネット+方向転換などに手助けする。企業の内部開発、遠い場所との研究開発、サプライヤーとのデータ転送サービスを協力し、データ転送と共有をする総合的な情報プラットフォームを構築する。

業界のペインポイント

ファイルの応用シーンが複雑で、内部共同作業の効率が低い

自動車企業の部門が多いため、数十のITシステム、複数のネットワークとハードウェア及びオペレーティングシステムが存在する。システムとシステム、システムと人、人と人のファイル転送を含め、異なるタイプのデータの使用シーンが複雑である。その結果、資料の冗長、ファイルのバージョンが統一されなず、データの更新が遅い、使い勝手が悪いなど問題が頻発する。よって、内部の共同作業の効率に影響を与える。

データインタラクションは効率が低い

自動車産業チェーンは長くて、複雑である。それには開発、設計、仕入れ、在庫、生産、販売、アフターサービスなど多くの作業が存在する。また、数千のサプライヤー、代理店、物流、銀行など、外部パートナーの協力を含め、異なるタイプのデータと転送方法や大量のデータインタラクションの要望がある。

従来のデータ転送は方法では対応できない

情報技術の革新とビジネス環境の変化、新旧ファイル転送方法の違いで、データの転送効率、データの安全性、データ転送の安定性、可視化管理、大容量ファイルの高速転送、遠距離または越境転送に対して、企業の要望がますます多くなり、従来の転送ツールでは、企業の要望に追いつかずにいる。

システム間のデータの流通が鈍い

自動車企業内部の情報化の程度が高く、SCM、ERP、CRM、OA、PDMなどを含め、システムは多く存在する。セキュリティ、インターフェースの互換性などの要因により、システム間のデータ転送効率は、企業の業務効率に影響を与える。

ソリューション

Raysyncシステムは、3つの角度から自動車企業の業務を最適化する。1、ソフトウェア。2、転送スタンダード。3、ユーザーの管理。Raysyncシステムは、高速転送エンジンに基づき、従来のTCP転送による遅延、パケットロスなどのボトルネックを解消する。同時に、企業従来のシステムに整合することができる。企業の研究開発コストを削減し、効率を向上させる。Raysyncはファイルサイズ、インターネット環境及び転送距離に影響されず、企業間のデータインタラクション、遠距離データの高速転送、業務データの流れなどの問題を解決し、業務の効率を引き上げる。

Raysync ServerStorage DeviceGlobal Reserch CenterDesign CenterSupplierSales Company / 4S ShopPartnerReserch DataDesign AssetsCooperative InformationSales/Promotion DataData SharedERP SystemSCM SystemCRM SystemRaysync Engine

ソリューションの利点

高速で効率的

自社開発の高速転送エンジンは、どんなネットワーク条件でも、遅延やパケットロスの影響を受けない。従来のFTPやHTTPよりも速く、自動車企業の開発データ、設計図面、マーケティング資料などのデータの転送効率を大幅に向上させる。

配備しやすい

完備した開発ツールと整合方法を提供し、自動車企業SCM、ERP、CRM、OAなどのシステムに簡単に整合する。従って、ファイル資源の一体性、系統化、自動化の管理と応用を実現する。

安定で信頼できる

多重チェック、ファイルのフィルタリング、HTTP、エラー発生時に自動再転送、自動同期などの機能で、100%正確な転送を確保し、自動車企業の開発データ、設計図面、マーケティング資料が転送過程でのエラーを防ぐ。

安全守秘

AES-256暗号化アルゴリズムによって、SSL暗号化し、アップロード·ダウンロードとダウンロード中に、開発データ、設計図面、マーケティング資料などの内容が漏れないように、データの安全を固く守る。

今すぐにRaysyncを体験する

Raysyncは企業ユーザーに無料でお試しソフトと技術サポートを提供する