Solutions for Manufacturing Industry

製造業へのソリューション

工業4.0が時代の流れになるにつれて、製造業は長い産業チェーンかつ密に集中する複雑な業界である。データや情報の転送と管理は生産効率を高めるための重要な要素となっている企業の研究開発、設計、仕入れ、生産、在庫、販売、アフターサービスなど全体の業務は情報の安全と転送やメンテナンスが必要である

製造業のチャレンジ

製造業は通常、従来のFTPを用いてデータの転送を行うが、これらのデータ転送ツールはニーズを十分に対応できず、コストの増加と生産効率の低下を招きかねない。従って、これら大量の技術データを安全に移動、共有することが、目の前に立ちはだかる真のチャレンジとなった。

1)膨大なデータ量

製造業は生産と運営において膨大なデータ量を生み出す。企業はこれらのデータの管理を十分に行っておらず、管理コストが著しく上がっている。また、大量のデータの背後にある価値をも十分に発掘されていない

2)業務の流れが複雑

製造業の生産は複雑でる。企業は往々として、繁雑な業務の需要に合致するプロセスの構築を難しく感じてしまうきらいがある。ゆえに、企業は常態化の標準生産活動が形成されにくく、基準に合った管理も思うままに行かない

3)安全管理がおろそか

製造業の日常業務では大量の開発と技術資料、さらに生産データが多くある。企業はこれらの中心データの安全管理を怠ったことにより、企業の商業機密の流出に繋がりかねない。

4)低効率の繰り返し業務

製造業の日常において、機械的な労働や繰り返しの仕事が頻繁にあり、社員の仕事効率の低下は、企業の運営効率とコストに直接的な影響を与える。


ソリューション

Raysyncシステムは、異なるプロジェクトと同じグループのメンバーに対して、完全な権限を設定し、データ編集、アップロード、ダウンロードなどに対する権限管理ができるようになる。Raysync高速転送エンジンは、ビッグデータの高速転送要望へ効率的に対応することができる。企業の業務に合わせて、企業のシステムに迅速整合し、開発コストを省き、システムの稼働効率を向上させる。自動同期機能は、日常の更新データの同期作業を省くことができる。ネットバンククラスのセキュリティーは、企業のデータを万全に守る。

大容量ファイル&大量の小型ファイルの転送

プラットフォームはRaysyncの技術により、超大容量ファイル転送に対応でき、テラバイトクラスの高速転送を可能にする。また、百万クラスの大量の小型ファイルを効率的に転送可能。HTTP、多重検チェック、エラー時に自動再送によって転送速度と品質を保障する。

SSL暗号化転送

転送はSSL暗号化され、生産データの転送の安全を保障する。中心製品の開発や設計資料が転送中に、第三者によって盗まれる心配はない。使用回数、有効期限、使用時間などをカスタマイズすることで、外部発送資料の安全を確保できる

データの集中管理

コンテンツ管理システムを通じて、多くのデータを統一的に管理することが可能になる。大規模な生産、運営データはもはや管理難題ではなくなる。実際の業務よって企業の業務プロセスを最適化し、企業の常態化な標準化生産を形成する

企業の核心資産の最適化

システムと企業の既存のアプリケーションを効率的に整合し、完全なるデータを蓄積する。企業の非構造化データと構造化データを集中的に保存し、合理的に管理する。知識の定量化に、データベースの基礎づくりをする。マッチング検索、指定パス検索、フォルダ検索、メタデータ検索に対応する。さらに、検索の結果をさらに検索する詳細機能で、必要とする情報を迅速かつ正確に取得する。

今すぐにRaysyncを体験する

Raysyncは企業ユーザーに無料でお試しソフトと技術サポートを提供する